腰痛改善のストレッチと運動で体調もよくなりました

半年ほど前から、通勤の時などに、腰痛がすることが多くなって悩んでいました。何か病気が原因かと思ったのですが、健診の結果は特に異常もありませんでした。元々生理の前にヒップの上の方が、かなり痛むことがあったため、そのような体質なのかなと思っていました。ところがつい数週間前、急に骨盤の辺りが痛み出し、立っているのも難しくなって来たため、早退して整形外科を受診しました。
ぎっくり腰か何かかと思っていたのですが、幸いそう大きな病気ではなく、また内臓疾患が原因というわけでもなさそうで、痛みどめと膏薬を処方してもらいました。どうもふだんの生活習慣に問題があったようです。たとえばデスクワークなどでいつも同じ姿勢でいる、脚を組むくせがある、あるいは猫背気味の人などは、腰に負担がかかって腰痛が起きやすいということでした。考えてみれば、どれも私に当てはまるものばかりでした。
先生から、痛みが治まったら軽いストレッチや運動をするようにいわれ、パンフレットをもらいました。椅子に座ったまま行うストレッチもあり、これなら仕事中でもできそうです。また、はきなれない高さのヒールはやめた方がいいともいわれました。それからは、仕事中にできるだけストレッチを行い、家でも腹筋を強くする体操をするようにしました。
会社でストレッチをやっていたら、隣のデスクの人が不思議がるので、腰痛にいいからやってみたらと言い、2人で休憩時間にストレッチを行うようになりました。その人も、時々腰の辺りが張ったようになるので、これは結構効き目があるようです。ストレッチをすることで仕事のストレスも少なくなり、精神的にも余裕ができるようになりました。
それから、少しの距離ならできるだけ歩くようにしました。これも整形外科の先生から言われたのですが、歩くのが嫌いな人、ちょっとした距離でも電車やバス、車を使いたがる人には腰痛が多いのだそうです。ストレッチに加えて、歩くようにしたため全身を使うようになり、体調もかなりよくなって来て、しかも腰痛も再発しなくなりました。