この腰痛は動いてもいいか、動ない方がいいか

腰痛の時、安静にするのか、働くかの判断は?
腰痛に限らず、痛みは身体の具合が悪いときに出てきます。「気をつけなさい」という警告サインです。朝、少し腰に痛みが有るが、少し無理をすれば仕事が出そうだからと思って仕事に行ったとします。仕事を終えて帰宅をしたその時、朝の腰の状態と帰宅した時の状態を比較してみてください。もし朝よりも痛くなかったら、警告サインは出ていない訳です。また同じような仕事なら大丈夫ということです。もし朝よりも痛みが増していれば、腰があなたに警告サインを出しているのです。痛みに変化があるか、ないかが動くか、動かないかの判断基準です。痛みが増している時は、腰からの警告サインですから、もうしばらく動かないで安静にしていましょう。
腰痛のタイプで一日中痛いのではなく、朝起きた時、「寝腰が痛い」とか、同じ姿勢で立仕事をすると腰が痛くなるような場合は、筋肉の質の低下(老化、運動不足、疲労)と考えられます。筋肉の質が低下すると筋肉が縮みます。すると血行が悪くなり、益々、身体が冷えて筋肉が固くなり、血行が悪くなります。このような腰痛は朝起きた時とか、仕事を始める前に体操などをして身体を動かしてから、作業に入ることがお勧めです。このタイプの腰痛は無理のない程度に動く方が良いのです。日頃からストレツチなどで筋肉を鍛えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です